志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

7/06/2014

Drawing 1990 ①


「ブリドリーを持つブークヴィル氏の肖像」
木炭紙・水彩・鉛筆 1990年


浪人生の頃、夏期講習のため上京した。

友達もいないので講習会後の夜は暇。

今のようにネットも携帯もない。

持ってきたものといえば

世界素描大系とかいうやたら分厚く大きな画集と画材のみ。

というわけで

講習会期間中は毎日素描の模写をして過ごした。


その中のひとつアングルの素描。

水彩で紙の色を再現してから

鉛筆で描いた。



そんな作品に24年ぶりの加筆。

思えば北斎や抱一などと融合してきたブリドリーも

西洋絵画と融合したのは初か。。

さらに僕にとっては

24年前の自分とのコラボという感覚がある。


時間の象徴として生み出したブリドリーだが

最近、時間を越えて過去の自分とのコラボレーションする

ということに少し興味がある。