志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

5/31/2014

Movement


LINEのスタンプを作っていて

気づいたことがあります。

僕は勢いや動きなどを表現する効果線に不慣れだということ。


マンガが好きで趣味でマンガ絵を描いてた人なんかは

効果線をあたりまえのように描くが

美術系出身の我々はデッサンや絵画に

効果線を入れるようなことは当然しない。

バレリーナのクロッキーにくるくる回っている効果線なんて

想像しただけで笑えてくる。



美術系は静止画で動きを出すように教えられています。

これをデッサン用語でムーブマンといいますが、

美術教育を受けていない人は

説明の文字、効果線など、絵以外の部分にたよります。

これは以前、普通大学の学生に絵を描いてもらったときに気が付きました。

重いものを持っている人の絵でしたが

片手で軽々持っているのにもかかわらず腕のまわりに

プルプル震えている効果線が描かれていました。

さらに作品内だというのにその持っているものに矢印が描かれ「○○kg」

と文字の説明がありました。

美術系出身者が重いものを持っているような絵を描けといわれたら

まず重いものを片手で持たせようとは思いませんし

表情、筋肉、重心などにも注意をはらいながら描くでしょう。


と、そういうわけでマンガ・アニメ世代の若者で美術教育を受けていない人が

絵画を描くにはちょっと意識を変えないといけないわけですが

LINEスタンプのようなものを描くには

逆に僕が意識をちょっと変えないといけません。














5/30/2014

LINE STAMP


なんかLINEの話ばかりですが

始まったばかりのクリエイターズスタンプ。

もういろいろなサイトで紹介され始めています。

勝手に宣伝してくれるのでうれしいです。






5/28/2014

LINE


クリエイターズマーケットのブリドリースタンプは

LINEのサイトから購入する方法と

送られたスタンプをタッチして買う方法がありました。


前者はカード払いやコンビニでプリペイドカードを購入など

結構面倒でした。

後者はLINEのやりとりで送られたスタンプを

タッチするだけで購入でき、

支払いも携帯料金に加算されるので楽でしたが

知り合いが送ってきてくれないと買えません。



が、、この度

LINEのスマホアプリとリンクしました。

LINEアプリからブリドリースタンプ発見できます。


諦めていた方

お試しください!

そして使ってください!

ブリドリーファンの皆様、

皆様のお力で全国のブリドリーを知らない人たちの元へ

羽ばたかせてやってください!



しかし、500(5月28日現在)ほどあるスタンプから探すのは

ちょっと大変だなあ。。

検索機能つけてくれないかな。。


5/25/2014

2014 MAY 25 Sun 23:33



今夜もひとり

好きなワインを飲みながら

つたない絵を描いている。

幸せ。


5/18/2014

BRIDOLLY STAMP


スタンプ発売から10日ほど経ちました。

うれしいことに販売数が100個を越えました。

感謝感謝です。



スタンプは

「多くの人にブリドリーで遊んでいただきたい」

という目的で作っています。

おかげさまで

みんながブリドリースタンプを送ってきてくれます。

「スタンプ足りない~」

なんて意見もちらほら。

すみません。

とりあえず40種、最低限必要なものを作りました。

そろそろPart2が解禁になるかと思いますので

今のうちにPart1を使いまくってください。

飽きた頃にPart2が・・・。


おたのしみに!


5/15/2014

BRIDOLLY DUCK STICKER




小学生の頃、テレビの金曜ロードショーかなにかで

何度か放映していて大好きだったトラック映画「コンボイ」

主人公ラバーダックのトラックのボンネットに付いていたアヒルのマスコット。







このマスコットがなんと

またまた僕の好きな映画、

クエンティン・タランティーノ監督の作品「デス・プルーフ」に登場している。

クエンティン・タランティーノ監督は

コンボイの監督のサム・ペキンパーを敬愛しているそうだ。









僕の持ってる車系映画のDVD2本、両方に出ているラバーダック。







これはブリドリー化するしかない。

ってことで作りました。





BRIDOLLY DUCK



色は僕の車のボディーカラー(ガンシップグレー)

目はイタリア空軍マークの緑白赤にしてみました。

基本的には車用ステッカーなので

左右セット。






6月27日~29日Gallery5610にて開催の

東京藝術大学美術学部OB有志による震災復興プロジェクトの展示

『サポサポ10』にて1000円で販売いたします。

(※500円は震災復興支援金となります)



よろしくお願いいたします。







5/08/2014

LINE


ブリドリーのLINEスタンプが出来ました。

LINEをやられてる方

よかったら使ってみてください。

通常のスタンプのショップでは見つかりません。

下記のURLからお願い致しいたします。



5/30追記: クリエイターズマーケットがスマホアプリと連携しました。

こちらを参照してください。 


5/04/2014

LUXO JR.



リアル版 ルクソーJr完成しました。

ピクサーのジョン・ラセターは机上のLUXOランプを見て

CGキャラクターを作った。

僕はそのCGキャラクターを

本物のLUXOランプで再現してみた。

という感じ。


シェードと台の形状はちょっと違うけれど

DVD特典版のルクソーJr.とは違い

金属の質感がいい。


CGではスプリング以外、ボルト類が白なのだが

LUXO製品をみてもボルト類がボディーカラーで

塗装されているものは見当たらない。

なぜ白?

80年代当時のCG技術の問題?

理由はわからないが僕は金属っぽさを残したいので

無塗装にした。

スプリング、ボルト類はニッケルメッキ的なものではなく

重厚感のある鈍く光るものをチョイス。

コンパクトなシェードにぴったり収まったソケットは

熱が少々不安なので電球色のLEDに変更した。

CGでは結構白い光なのだが

基本的には暗くして映画を見るときの手元灯なので

温かみのある色にした。


というわけで

GWの工作は無事終了。

足をいじらなければ2日で完成できたのに

思ったより時間がかかってしまった。

今日から本業に専念することにしよう。


といいつつ

コードが2本つながったやつじゃなくて

1本のやつに変えたい。。と思い始めている。

ソワソワ











5/03/2014

GW(LUXO JR5)


強度が心配なので足の形状はいじらないつもりだったが

だんだん気になってきた。

切断したアームもあるし制作することにした。

手作業のカットで同じ角度のものを2つ作るのはむずかしい。。


溶接しようとしたら金属が小さすぎて欠けたので接着することに。

強度的に瞬接では無理なのでマフラーなんかを修理できる

金属接着用パテで接着。

(それでも結果4回折れました)




足の形状変更により股が広がり

スプリングをひっかけるパーツを自作する羽目に。

旋盤もってないのでこれ系は大変。

基本、卓上グラインダーとヤスリがけでコツコツ削る。

つづく




5/02/2014

GW(LUXO JR4)


モノが小さいのでいろいろ精度がシビア。

ナットを薄くしたり

ワッシャーを加工したり普段やらない作業が多い。

M4×80mmのロングボルトなんて

在庫ないしホームセンターでもみつからないので作る。


なんだかんだで

出来てきた。





犠牲になったパーツたち。。



つづく



5/01/2014

GW(LUXO JR3)


ゴールデンウィーク工作 ルクソーJr.制作のつづき

シェードがかなり小さいので

E26のソケットが入らない。

だからハロゲンだったのか、ハロゲンだからこのサイズなのかわからないが

とにかく小さい。

というわけでソケットのプラスチックを撤去。

端子の部分も曲げる。

先端のネジはシェードの外にある突起部分にあたる。

外からネジ締めしてソケットを固定する仕組みだ。



次にコードの出るところ。

ルクソーJr.は台から出てるが

本物LUXOは根元のところから出ている。

というわけで

土台を加工。

コード用の溝を掘ります

鉛でかなり重いけどやわらかいので楽。


つづく