志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

5/28/2012

2012 MAY 28 Mon


今日は昼から1時間半雑誌取材。

その後、夏の百貨店2つの打ち合わせ。

打ち合わせの間に猛烈な夕立。

雨の中、車で大学へ。

着くと雨はあがって

日差しが差してきました。

地面からは水蒸気があがっていました。








5/27/2012

return


今日は最終の飛行機で東京へ戻ります。

山口も数回訪れてなれてきました。

山口市は山に囲まれていて

高いビルもなく、山が近くて、空が広い。

すてきなところです。

人も車も少なく、刺激も少なそうですが

こんな生活もありなのかもな。。と思わせます。




5/26/2012

Church



朝、ホテル近くのサビエル記念聖堂へ行ってきました。

1952年に建てられたステキな教会は

91年に焼失。

今はきれいな洒落た教会になっています。

旧聖堂の資料が見たかったのですが

現在の教会を推しているようで

全然ありません。

旧聖堂がよすぎて今の教会の評判は悪かったようです。

なんとなく「もう旧聖堂は忘れてほしい」

というようなメッセージがあるような気がしました。

まあ思い入れのない僕にも

やはり旧聖堂が趣があって好きなので

少ない資料でドローイングしました。。



5/25/2012

EXHIBITION


パンフレットに千波先生の菖蒲が載ってます。

きれいです。

岩絵具を使い始めてから

難しさがわかって

日本画を見る目も変わってきました。



5/24/2012

YAMAGUCHI


個展で1年ぶりに山口市へ行きます。

数日制作ができませんが

気分転換になります。




5/21/2012

annular eclipse


今日は金環日食でした。

あんまり見るつもりがなく

メガネも買わなかったが

日食がはじまると周りが盛り上がっているので

見たくなった。

さいわい溶接用のマスクがあったので

かぶって観察。

無事見ることができました。

次は300年後。

た、たのしみですな。。



5/14/2012

2012.MAY.14.Mon.



今日はおだやかないい天気だった。

大学のベランダから外を眺めながら

コーヒーを飲みながらエスキース。

いい季節だ。。



5/12/2012

water




水みたいに生きるのが一番いい

すべてのものにうるおいを与えながら

なににも逆らわず、嫌がりもしないで

身をまかせ流れていくよ。


5/08/2012

agism



大学生活をはじめて1ヶ月

なんとかサイクルになれてきた。

18歳も年下の子とも普通にやっている。

僕の年齢の自覚のなさがなせる業かもしれない。


最近TVドラマで

「36歳で医者になった僕」

というのをやっている。

会社を辞めて医者をめざした男の話だ。


今春、東大を目指す息子に触発されたお母さんが

東大2浪であきらめて以来30年ぶり

再チャレンジでめでたく合格した。

学習塾を休業し東京の学生寮に入って

大学ではラテン語や古代ギリシャ語を学びたいとの事だ。


兄の会社のスタッフのお父さんが

京大の医学部に合格したという話も聞いた。


流行ってるのか?


まあほんと、年齢なんて関係ないね。

やりたいことを年齢ごときを気にしてやらないなんて損だ。

はずかしいとかプライドとかしょうもないもの捨て去って

貪欲にやっていこうよ。


人生を豊かにするために、

人生に後悔しないためにさ。。




5/07/2012

SUPER MOON


先日はスーパームーンでした。

前ほど大きく感じなかったけど

とてもきれいな月でした。

まるでブリドリーの頭のようにまんまるだった。。



5/06/2012

WORK May. 06. 2012. 03:48


GWも後半。

僕にはぜんぜん関係ない。

個展用DM案がちょっとまとまった。

こういうことが進んでくると

個展が現実味を帯びてくる。

作品が出来上がってきてもそんな気持ちにはならない。

それは

個展があるから創る

という訳ではないからである。。。



5/02/2012

May 02


5月2日

忌野清志郎の命日だ。

ダヴィンチの命日でもある。

二人とも体は滅びたが

魂は多くの人の心に残っており

作品は滅びない。


ジョン・ダンの「Death be not proud]だ。

死よ おごるなかれ




死は人を殺せない。

人は死では死なないのだ。。


我々は命を削って

作品に吹き込む。

肉体は滅んでも

それらはなくならない。




5/01/2012

May


5月になってしまいました。

6月の個展まで時間がない。

6月の個展はただ絵を描いて額つけて搬入。。

という簡単なものではないので

いろいろ予測が出来なくて不安。

DMやら広告やらのことも考えなきゃだし

制作も間に合うのか微妙。

画廊サイドもいろいろやってくれるけど

基本、僕が制作者でありながら

ディレクターでもありプロデューサーでもある。

自分の世界観を展示で表現するには

やるしかない。

時間に余裕があれば

とても楽しいことなのだが

時間がないときは制作に集中したいとも思うのも事実。


だらだら毎年定期的に同じような絵を壁にかけるだけの

エンターテイメント性皆無のマンネリ展示には

したくないので

ドカンとおもしろい志水堅二ワールドを見ていただきたい

と思っている。