志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

1/31/2012

Lily and sparrow


6月 Lily and sparrow(百合に雀)

明日で1月が終わる。

あっという間だ。

なんだか絵はあんまり描いてないけれど

振り返ってみると一応あれやこれや

プロジェクトはちゃんと進行している。



1/28/2012

Blue flag and moorhen


5月 Blue flag and moorhen(菖蒲にバン)


1月が終わりそうだ。

6月の個展に向けてがんばっているが

夏ごろのスケジュールが殺人的な気がする。

不安だ・・。




1/23/2012

Peony and swallow


‎4月 Peony and swallow(芍薬に燕)


「僕は言葉で遊ぶんだ 曲に意味などない 
言葉を選びひとつに結び付けるんだ
 意味はあったりなかったりだ」

とジョンは言う。

「色やデザインで遊ぶんだ 意味はあったりなかったりだ」

と僕は言いたい。


「歌を聞き手に合わせるつもりはない 誰もが満足する歌などない」

とディランは言う。

「絵を見る人、飾りたい人に合わせるつもりはない 僕は僕の為に描く」

と僕は言いたい。





1/19/2012

blossom and blue and white flycatcher


カレンダー3月は

blossom and blue and white flycatcher(桜に瑠璃鳥)です。

ちなみに僕の誕生日月です。


1/17/2012

Tenderstem broccoli and skylark


Tenderstem broccoli and skylark(菜の花にヒバリ)

年末の個展で販売したカレンダーが完売しました。

ご購入いただいたみなさんには感謝です。

酒井抱一の12ヶ月花鳥図をリスペクトして描いた季節の花と鳥12点。

ぼちぼちブログでも紹介していきます。

1/13/2012

Portfolio


10年ぶりに作品ファイルを作った。

作品管理等がとっても苦手なB型のわたくし。

撮影もほとんどしない。

画廊で撮ってくれた画像をもらってなんとかなっている。

そんなもらった画像が溜まってきたので印刷して

ファイリングした。

A3ファイルに20シート

約80点の作品画像を納めることができた。

満足。

ただ
なんだかんだで15000円ぐらいかかった

予想外だ。


でもまあよし。



1/12/2012

alcohol


今夜もウイスキーを飲む。

アルコールを飲むと

いろいろ自分の人生なんかを

見つめなおしてみたりする。

ポジティブな性格のおかげなのか

後ろ向きな発想はない。

アルコールを飲まない人にはわからないと思うが

アルコール摂取時の脳が考える

いろいろなことは

シラフのときにはあまり浮かばないことを考える。

決して無駄ではない。


先人の文芸家達は酒だのタバコだのやってたけど

あれはスタイルや嗜好だけではなく

作品制作の役に立っていると

僕は思っている。。

1/10/2012

Death be not proud


昨年末に同級生が突然亡くなった。

個展にお邪魔して少し話をして

また今度ゆっくりね!

といって画廊を後にしたが

それっきり、

今度は無かった。



先日は友人のお父さんが亡くなった。

人間、死から逃れられないとはいえ

やはり受け入れがたい。

腹が立つ。

ジョン・ダンの「Death be not proud (死よ驕るなかれ)」

という有名な詩がある。

大切な人が亡くなると腹がたって

いつも浮かんでくる。

詩の真意はよくわからないが

避けられない死にたいしても怖気づかず

挑戦的な言葉がいい。

誰だったか遺書にこの1行だけ書いた作家がいた。

それを見て

詩人が死んでも作品である詩は生き続ける。

とジョン・ダンはいいたかったのかも、知れないと思った。


僕も腕に刻んでいる。


Death be not proud 

死よ驕るなかれ


死に殺されないように

作品を沢山創ろう。

1/08/2012

JANUARY


一月もあっというまに1週間。

早いな。

でもその間に

出来上がった作品もある。

今年もどんどん創っていくぞ!


1/06/2012

AKAFUJI



年末個展で発表したシルクスクリーン作品。

まだまだ製作中です。

もう少しだけお待ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「雲錦 akafuji」

予約受付中

霊峰である富士。それに朝日が雲に反射し、赤く富士を染め上げ、

非常に珍しく、また縁起がよいとされる「赤富士」。

葛飾北斎など、数々の作家がその魅力に取り付かれ、

画面に取り入れてきました。

本作品は志水堅二が生み出した“bridolly”と「赤富士」が出会い、

現代的要素と日本古来の伝統とが絶妙なバランスで組み合わさった、

独特の雰囲気を醸し出した作品となっております。

志水堅二が初めて挑戦したシルクスクリーン作品であり、

また、初めての本格的な版画作品として展開いたします。

この機会に、是非ともご愛蔵頂きたく、ご案内させていただきます。

※上記作品はテストプリント版です。


画寸法: 24.2×40.9㎝

額寸法: 33.2×48.9㎝

版種: シルクスクリーン

版数摺数: 35版36色36刷

制作限定: 限定50部

税込価格: \126,000-

ご納品予定: 平成24年1月中旬



作品に関するお問い合わせは(株)京橋画廊まで 03-5524-5470

1/01/2012

A HAPPY NEW YEAR 2012


みなさん明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年もますますがんばっていきますので

応援よろしくお願いいたします!