志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

10/31/2010

frame


作品のアクリル枠です。

24本刷りました。
最初10本一気に刷ろうとして失敗してしまいました。
版を洗浄
アクリ枠もきれいにふき取り
1時間無駄にしました。

やり方を変えて再度チャレンジ。

位置決めをしっかりやって
一本づつ刷っていくことにしました。

2種類を12本づつ。
結構大変でした。

さらに要らないモノグラム柄を拭き取ります。
大変めんどうな作業です。
何時間やったかわかりませんが
きれいに出来たとおもいます。
完全に乾燥したらアルコールで全体を拭いて
インク汚れをさらにきれいに拭き取ります。

しかし、ちょっと重い・・・
大丈夫かな・・・


10/30/2010

AR bridolly

AR(Augmented Reality)拡張現実感。
現実の環境に付加情報としてバーチャルな物体を
電子情報として合成提示することをいうのだが

いつか個展会場でiphoneをかざすとブリドリーが飛び交ってる・・・
なんてことをやってみたい。

銀座でブリドリー捕獲してから会場に来てくれたら
ドローイングプレゼントとか

会場でブリドリーを捕獲すると
応募用アドレスがゲットできて
抽選で待ちうけ画像プレゼント。
ついでに芳名帳の役目も果たすので
次回の展示案内をメールで送れるとか。

アートをたのしんでもらいたい
という気持ちの強い僕は
そんなアイデアが良く浮かぶ。

まあ、浮かぶだけなんだけど。

はぁ・・どこかにいいスポンサーいないかなあ・・・。



10/29/2010

SRILANKA


4年ほど前先輩からカルチャーセンターの絵画教室の跡継ぎを託された。
月に1回、前日にモチーフの花を買いに行き
朝から指導。
夜型の僕にはかなりハード。
おまけに受講生1人につき1000円ももらえない。
かなりボランティアに近い
正直、モチベーションは最低だった。

そこで僕が考えた案。
それは
どうせボランティア並みなら完全にボランティアにしてやろう。
だ。

講師料を恵まれない国の子供にあげることにした。
日本では飲み食いしたら終わってしまうお金でも
ある国では1ヶ月学校に通えたりするのだ。

おばさま達に美術の楽しさを教えて
そのお礼で1人の子供が救える。
間接的ではあるが
こんな僕でもアートで人が救える。
とっても魅力的でモチベーションもあがる。

僕がサポートしているのは
スリランカのガレンビンドゥンヌンエワ地域に住む男の子。
マルシャン君だ。
もうサポートし始めて4年目。
当初は小学校2年生だった。
毎年彼の描いた絵とともに成長報告が来るが
元気に育っている。

そんなマルシャンくんは10月が誕生日。
なんと偶然にも父と同じ誕生日だ。

今年はバースデーカードにブリドリーをたくさん描いて贈った。

制作費でリアルに首が回らないこともあるけど
彼が20歳になるまでは
なんとか続けていこうと思っている・・・。


10/28/2010

WORK Oct. 28. 2010. 04:53

今夜も制作。

しかし寒いです。

秋なのに12月下旬の陽気?

ああ、12月下旬と言うと個展は終わってる頃だなあ・・・・

10/27/2010

Father`s BirthDay

先日は父親の誕生日でした。

今年はスタッフTシャツを贈りました。


いつのまにやら75歳だそうです。

歳をとりましたな。

いつまでもお元気で。

おめでとうございました。

10/26/2010

speak

今日は取材。
20時にギャラリースタッフ2名、雑誌社の方、ライターさん 
計4名が来ベース。

1時間半ほどしゃべりました。
ほとんど無駄話かとおもいますが
少しは僕のことが伝わってるといいのですが・・・。

その後何点か大きい作品をピックアップしてもらいました。

若き画商たちよ。がんばれ!

みなさん遅くまでごくろうさまでした!


10/25/2010

frame


アクリ屋さんから注文していたフレームが届いた。

アクリ製のダボのようなものを打ち込んで
封入するタイプを作っていただきました。

とっても親切に説明を書いてくれてあります。
台座と練習用まで・・・完璧なセット、やさしすぎる!


まずは中の枠にシルク印刷。


きれいにできました。

裏板、枠、表面(透明)の3枚を重ねてダボを木槌で打ち込みます。

割れそうで怖いですがなんとかできました。




10/24/2010

KEN SHIOZAKI EXHIBITION



友人 塩崎くんの個展に行ってきました。
相変わらず細かい描写です。

アジサイの花びらの脈が描かれていました。

あれは夜中には描けないな~目がしょぼしょぼで。


作品は沢山あって見ごたえがありましたが

展示的にはもうちょっとゆったりしててもよかったかな?

と思いました。



「塩崎 顕 日本画展」
会期:10月23日(土)~11月5日(金)

靖山画廊

〒104-0061東京都中央区銀座5-14-16
銀座アビタシオン1階
時間:11:00~19:00

(最終日は17:00にて終了・会期中無休)

10/23/2010

silk screen

持っている40cmの版では40cm以上のプリントが2回刷りになり

時間がかかる。

仕事をスピーディーに進めるため

大きい版を業者さんに発注しました。

これで時間のロスはなくなりました。

が、洗うのは大変かな・・・。

10/22/2010

groundwork


上下左右どこからも見れる絵を描いてみようと思う。

理由はまだ秘密。

いつも刷毛目は縦に入れているが

そうすると方向性がでてしまうので

悩んだ末円形に刷毛目をつけることにした。

ひもをもって慎重に円を描く。

初体験です。


10/21/2010

WORK Oct. 21. 2010. 05:14


なんだか連日休憩ついでにブログを更新しようとすると
時間が5時10分ぐらいだ。
不思議。

今日も順調。

ふと気づくと

432-BASEは物でいっぱい

玄関がふさがってる・・・。

生活用品はぜんぜんないのにこのざま。

まあ搬入前だからしかたがないけど。

こりゃすぐにもっと広いスペースがいるようになるな。。。

田舎の廃校とかもいいけど

友人は理科室が怖いといっていた。


やっぱ廃工場でもさがすか

どれだけ広くても持て余さない自信はあるのだけれど・・

借りる財力がないw


10/20/2010

WORK Oct. 20. 2010. 05:18


今日はメイン作品Bスタートです。
何色にしようか迷いました。
初めての配色
慣れない絵具
すべてがチャレンジです。

アーティストはチャレンジやめたら死んだも同然。

と思っています。


しかし聞いたことのない名前の色ばかりだなあ・・・

憶えられない。。。


10/19/2010

WORK Oct. 19. 2010. 05:14


今日もシルク印刷とメイン作品の交互制作。

シルク印刷は今終了。
5時・・・さすがに外での水作業は寒い。
でも終わった。
昼にかばん屋さんに発送する。

メイン作品Aも今日(本日午前中)でスタートから6日間
自分で決めた締め切り日だ。
仕上げはまだまだだがとりあえず筆を置く。

次はメイン作品Bのスタートだ。
6日間描いたらAとBを同時に仕上げていく。
トータルで2週間強でできればいいのだけれど。

いや、体にムチを打ってでもやらなくてはならない・・・。

10/17/2010

SPACE


トートバッグ生地印刷中。

足の踏み場がありません・・・

広い仕事場ほし~

WORK Oct. 17. 2010. 04:47



サインをしようと
描いてから随分経った
鳳凰の作品を箱から出した。

3ヶ月ぐらいぶりに見た鳳凰はちょっと描き足りない気がした。
しかし某大学の作家紹介用に写真を撮ってすでに提出済みだ、
変わってしまうのはちょっとまずい。

が、悩んだ末

発行物を優先して気になるところを直さないなんて
おかしい。

という結論に至った。

ちょっとぐらいならわからないし。

と、加筆した。

が・・・やはり止まらなくなった。

よくなったが
画像でわかるほど変わってしまった。。。。

どうしようかな。。

そしてサインはまだしてない。

10/16/2010

ARTIST MADE


シルク印刷した布を乾燥中。

柄にところどころかすれがあったりする。

きれいに刷りたいけど

刷り師じゃないのでなかなかむずかしい。

プロに任せて価格をあげるか

自分でやって作家MADE(作品)とし、

さらに価格も抑えるか

おそらく後者がいいだろう。

と、信じている。


ひさびさにDRYING BOX登場。

これを使うことになるときは大体非常時です。

洗った版を強制的に乾かしてすぐに次を刷る。

のんびりやってる余裕はないのです。

rubber stamp


落款のゴム印バージョンができました。

石の印は支持体が和紙など平坦ならば使えるのですが

キャンバスなど凸凹したものなどには少々むいていないので

落款をデータ化してゴム印を作ってもらいました。

白文の印を反転して朱文にし、

また大き目の作品用にサイズの大きいものもつくりました

簡単にポーーーンと押してあるような落款も

結構工夫が必要なのです。





10/15/2010

WORK Oct. 15. 2010. 04:12


花を描いている。

ひさしぶりの花だからか

絵具が違うからか

うまく進まない。

1日で葉っぱ何枚、花何輪

単純に計算しても今日のペースでは

遅い。

2週間で8割以上にはもっていきたい。

時間はあるようで、意外とない。

打ち合わせやら額準備やらDM準備やら

いろいろあって制作ばかりというわけにはいかないからな・・・。


10/14/2010

WORK Oct. 14. 2010. 06:07


絵具がなくなった。

買いに出なくてはいけない。

できれば外出しないで

ずっと制作の一日にしたかった。

ぼちぼち寝ますか。

10/12/2010

WORK Oct. 12. 2010. 01:18


今日は朝から12時間ほど制作。

制作順調。

まだ夜も序の口、まだまだ描きます。

個展のメイン作品なので画像はUPしたくないけど

最初だけちょい見せ。

今後はUPしないつもり。

完成作品が見たい方は

会場に足を運んでください!

よろしくお願いします。





10/10/2010

stamp




ぼちぼち30代も終わる。
年末は30代最後の個展だ。
30歳の初個展から10年目
何回目かは全然わからない。

なにか一段落な気分なので
落款でも変えてみるかな・・と考えていた。

すると、
後輩からグッドタイミングで彫ってくれる人を
紹介してもらえた。

作家の足立正平くん。
日本画家だ。

大学卒業後中国へ渡り、
書、水墨画などを学んだそうで
絵画だけではなく
字も書けて
大変うらやましい。

そんな彼に
「堅」の一文字の落款を彫ってもらった。

40代の作品から・・・
といいたいところだが
誕生日の3月まで待てないので
年末の作品から使わせていただく。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「堅」とは堅い土のこと。

上部の臤は「臣(眼の形)」+「又(手の形)」。

手で瞳を傷つけ、視力を失わせること。

瞳を傷つける時の張りつめた心情を土にうつした字が堅・・・

そうして視力を失い、神に仕える人を「賢」といったそうだ。

                  (足立正平ブログより)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

すごい意味があるものです。

僕の432マークにも目があるので

漢字も目が解り易いものにしてもらいました。

芸術にはいろんな意味で目が大事です。

視力を失って神に仕える人を「賢」といったのか・・

ちなみに本名は「賢」です。。。。


足立くんのブログはコチラ

10/09/2010

restoration


根津へ
「修復のお仕事展 ~伝えるもの・想い~」
という展示を見に行きました。

絵画・彫刻・建造物・染色・考古など修復に携わる
企業・個人11 組の展示です。

友人の柿田喜則くん(株式会社東京文化財センター)が
仏像作品一点(五大明王のうち降三世明王)を展示しているということなので
見にいってみました。

極彩色の明王さま、すごいです。
かっこいいです。
出来立てのピカピカには見えない
古色仕上げ。
落ち着いていていい群青でした。

柿ちゃんはお客さんたちに説明していました。
聴かないとわからないことばかりです。

勉強になりました。

他にも若冲の模写や表装説明や洋画修復などの展示もあります。

「修復のお仕事展 ~伝えるもの・想い~」は
10月17日まで
文京区根津のギャラリー「ゆり音」にて開催中です。


10/08/2010

WORK Oct. 08. 2010. 04:26


サイズ 9mm×7mm

ギネスに挑戦しているわけではありません。

答えは12月に。。。

forgive



人は人を恨み、怒り、裁いて罰を与えようとする。

怒りに身をゆだね、行動することは、

それほど困難なことではないのだ。

人間にとってもっとも困難なこと

それは他者をそして自分を許すことなのだ。

その先にこそ

調和があると知りながらも

人は許すことをなかなかできない。

誰もがその内側に黒いものをかかえている。

誰かを傷つけることもある。

罪を犯すことも。

悲しみにうちひしがれることもあるだろう

だが、その同じ人間が純粋に愛を求めることがある。

本当の愛を手に入れたいのであれば許すことを知りなさい。

他者を、そして自らを。
 

10/07/2010

WORK Oct. 07. 2010. 03:48


ひさしぶりに立って作業。

床に置いて描くことに慣れすぎました。

線が定まりません。

そして腰が痛いです。



10/06/2010

poem



自分の感受性くらい

                       茨木のりこ

        ぱさぱさに乾いてゆく心を
        ひとのせいにはするな
        みずから水やりを怠っておいて

        気難しくなってきたのを
        友人のせいにはするな
        しなやかさを失ったのはどちらなのか

        苛立つのを
        近親のせいにするな
        なにもかも下手だったのはわたくし

        初心消えかかるのを
        暮らしのせいにはするな
        そもそもが ひよわな志にすぎなかった

        駄目なことの一切を
        時代のせいにはするな
        わずかに光る尊厳の放棄

        自分の感受性ぐらい
        自分で守れ
        ばかものよ
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
昔から好きな詩
 
誰かに何かにイラっとしたときに読み返してみる。
 
 
最後の一文は最高だ。
 
 
かわいいフォルムだけれど
 
「ばかものよ」
 
といわれているような気分になる鳳凰が描きたい。
 
国宝の仏像のように・・・
 

autumn


秋らしくなってきました。

食欲の秋

たしかに夏よりは食欲はでる季節かも。

でもあまり食べていません。


スポーツの秋

スポーツに季節は関係ないとおもうが・・

やってません。

芸術の秋

なんで芸術が秋なのか・・・不明だ。

こちらは一年中芸術漬けです。

WORK Oct. 06. 2010. 05:07


下絵制作中です。

ぼちぼち日の出時刻です。

逃避したいので

シャッターを閉めるか・・・

10/02/2010

WORK Oct. 01. 2010. 03:56


カラスの群れができました。

カラスを塗りながら

S6号を描いてます。




10/01/2010

scrape


真鍮のヤタガラスをグラインダーで大雑把に1羽づつ削る。



その後リューターで細かく仕上げていく。

つ、つらい・・・。

数が多すぎる。