志水堅二

OFFICIAL BLOG
NO ART NO LIFE

2/27/2010

key


友人にあるもののカギを作ってもらいました。
持ち手の部分にモノグラムにあるbridollyの顔が彫られています。

そこに2液性のエポキシを流し込んでみました。

2/22/2010

jump 1.2.3


月刊美術3月号 にて作品が誌上頒布されています。
版画祭り2010 という版画特集でいろいろな版画がたくさん載っています。
もちろん僕もデジタル版画で参加せていただいております。
題名「jump1.2.3」です。
本屋さんで見かけましたら覗いてみてください。

printing


某デジタル版画工房に色校来ています。

白い紙に黒い墨やインクで描いた絵を印刷するのは
シンプルなだけにデリケートで難しいです。

黒が赤いだの青いだの・・・比べないとわからないけど黒にはこだわりたい。

が、意外と問題は白だった。

白いインクを使わないのでプリント用紙はどれもかなり白く
あたたかみのある水彩紙の微妙な白はないようです。

結局白を印刷することに。
つまりカラー。
すると黒の部分もカラーで刷ることになるわけで、
それはちょっとということで・・・

結局紙の色をカラーで刷ってからモノクロで絵柄を刷るという
デジタルなのに2工程ということになりました。

なので一見モノクロ版画のようですが・・・
厳密にはカラー版画です。



2/20/2010

BLUE SHEET


とりあえずこれ以上粉塵が飛びまくらないように
ブルーシートで半分に仕切ってみた。

一段落したら大掃除しなくちゃ。
壁も拭かなきゃだめだな・・・。

2/19/2010

scrape


最近鉄板の塗装を電動サンダーではがす作業をしています。
気が付くと部屋中のものに黒い粉が積もっていました。
食べ物にも積もってるんだろうけど食べちゃった。体に悪いんだろうな。
でも塗装ブースは狭くてやれないし、
またカーテンでもつけてアトリエ半分に仕切らなきゃだめかな?

剥離作業後、絵を描こうかな。
と、思って筆をもったけど
サンダーの振動で手が震えて面相筆で線が引けませんでした。
もうちょっと休憩・・・。

Silver bridolly (muffler ver.) RAINBOW


Silver bridolly (muffler ver.)にカラーバリエーションが増えました。
レッド・ピンク・パープル・ブルー・グリーン・オレンジ・イエローの7色です。


2/15/2010

WINE


ワインを飲もうとおもったら
オープナーが見当たらなかったので
電動ドライバーでネジを打ち込んで
ペンチで引っ張ったら簡単に抜けました。

2/14/2010

valentine


今日はバレンタインデー。
朝、チョコが届きました。
ホントチョコレートっていろいろあるね。
おいしいしきれいだし感心します。

今晩ウイスキーといただきます。
感謝。

---------------追記--------------

夕方、玄関前に手作りチョコが置かれていました。
ノラネコにやられなくてよかった・・・。

ありがとうございます。



silkscreening


深夜のシルクスクリーン製版。
黄色いのは紫外線カットの蛍光灯のせいです。

TVではオリンピックをやっています。
がんばれニッポン!

2/12/2010

request

今日は某工房に相談&依頼に行ってきました。
どうなることやら・・・。

2/09/2010

B.D.pierce prototype

ブリドリーのピアス、プロトタイプです。
これはブラスバージョン。

2/07/2010

WORK Feb. 07. 2010. 22:49


またまた足の踏み場がありません・・・寝られるのか?

Where the Wild Things Are


先日「かいじゅうたちのいるところ」を観てきました。
モーリス・センダック作の名作絵本「Where the Wild Things Are」の実写版だ。

実は僕、この絵本知りませんでした。
なのでなんの予備知識もなく映画を観た訳です。
かいじゅう達がおもしろいので楽しめましたが
あらためて話を振り返ると「??」なんだっけ?
常にわかる部分はあったけれど全体を通しての話が見えず。
名作絵本なのでなにやら教訓でもあるのかとおもいきや特になし。
子供が子供のわがままで好き放題やる話でした。
で、原作の話をYoutubeで検索。観てみた。

ザックリいうとこうだ・・・

テンションの高い子供がお母さんに怒られ、夕食抜き。
得意の妄想で自分の世界に入り込む。
妄想のなかでかいじゅう達の王様になる。
仲良くなるというよりは権力を握るという感じ?家とは違う喜び。
だけど誰にも愛されずさびしくなってホームシック。
家に戻るとベッドサイドに夕食が。
やっぱり愛してくれるお母さんのもとが一番だ。
という感じの話かな?

短い・・・これを映画にしたスパイク・ジョーンズはさすがである。

この原作を知っていてみると監督のオリジナリティーが感じられて
またおもしろいのかも。
原作はかいじゅうの目を見て威圧する感じだけど
映画はにおいをかぎあって分かり合うって感じだったり、
原作は踊るだけでそう仲良くなるわけじゃなく
「家に帰る」というと食おうとする。
映画ではいろいろな遊びで交流して親友になり涙の別れもある。
主人公は泣いてなかったけどね・・・。
最後のシーンの「夕食」というのも原作にもあるんだなー、
とかまあとにかくいろいろ楽しみがあるね。

あと原作はかなり妄想ってのがわかりやすいけど映画はあまりそこには触れない感じだったな。




映画の冒頭のハンディカメラのようなライブ感のある映像が
スパイク・ジョーンズっぽいなーと思った。
そこでやっぱり思い出しちゃうのはPV ファットボーイスリムの「Praise You」



スパイク・ジョーンズだとは思われてないとこがおもしろい。
しかしよく動くね・・・。

restore


あるものの古い鍵をレストア。
簡単な構造です。バネも錆びてるけど生きてる。
すごいね。
キーはリニューアルするため、
名古屋に住むteam432のプロダクト担当に図面を郵送。



これまたあるものの機械部。
鉄部すべてが油でベトベト、さらにホコリがべったり付着していた。
キッチン洗剤などで拭きまくり
ウエス捨てまくり
なんとか気持ちよくキレイになりました。

これがなんなのかはまだまだ秘密・・・。

2/05/2010

snowman contest

先日の雪だるまのピースくん、しっかり近所の人にpeaceをアピールしました。

次はより多くの人たちにpeaceを振りまくため

みなかみの雪だるまパーティーにビジター雪だるまとして参加することにしました。

みなさん投票よろしくおねがいいたします。

http://yukidaruma-p.com/archives/295

2/04/2010

JAPAN ARTISTS ASSOCIATION





日本美術家連盟の会員カード。
なんか一度も使ったことないんですけど・・・

どうでもいいけどASSOCIATIONって協会じゃないの・・・?

2/03/2010

support


アマリリスが頭の重さに耐えられず音をたてて折れました。
完璧に折れる前に助けましたが重症です。

壁にベルトで固定しました。

2/02/2010

SNOWMAN


結局少し積もりました。
せっかくなので
何年ぶりかに雪だるまを作ってみました。

ヘルメットは防塵マスクです。
マフラーはウエスを引き裂いてアクリル絵の具で染めてみました。

せっかく外に設置して子供たちの目にもとまるので
メッセージをつけてみました。

2/01/2010

snow




雪です。
ひさしぶりです。
冬っぽくてたまにはいいな。
でも積もるとやっかいだね・・・。

box


アクセサリーBOXをまとめ買いしました。